メイクブラシを持つ女性

大人ニキビと思春期ニキビ。使うべき洗顔料は違う

大人ニキビと思春期ニキビは同じニキビではない?

学生の頃にできていたニキビも大人になってからできるニキビも見た目は同じように見えますが、実際はできる原因が違います。そのため洗顔料もニキビに合わせて使わなければ当然ですが効果がなかったり、悪化してしまう可能性があるので注意が必要です。

中学生頃からでき始める思春期ニキビは男性ホルモンの増加と過剰に出てしまう皮脂が原因です。思春期はホルモンバランスが変化しますので、男性ホルモンが多く分泌されてしまいます。男性ホルモンは皮脂を過剰に分泌させる作用を持っているので、男性ホルモンが増加したせいで出てしまった過剰な皮脂が毛穴を詰まらせてニキビとなってしまうのです。さらに、毛穴に皮脂が詰まった上にアクネ菌が繁殖してしまい、皮脂が多い場所だけでなく顔全体にもできてしまうというのが特徴です。

大人ニキビの原因もホルモンバランスの変化が原因となりますが、大人ニキビの場合は思春期とは違い、ストレスや食生活の乱れ、不規則な生活はもちろん睡眠不足や間違ったスキンケア、さらには生理前のホルモンバランスの乱れによってできてしまうことが多いです。

また、大人ニキビは乾燥肌が原因で皮脂が過剰に出てしまうことで、皮脂が毛穴を詰まらせてできてしまうことも多いです。そのため皮脂が多い場所というよりは乾燥しがちなアゴや頬といったフェイスラインにできてしまう人が多いのです。

洗顔料はニキビに合わせて使ってこそ効果アリ!

顔を洗う女性

大人ニキビと思春期ニキビ、どちらも大切なのは「洗顔」です。しかしできる原因が違うのなら、当然ですがニキビに合わせて洗顔料を選ばなければなりません。

例えば男性ホルモンが増加することで過剰に皮脂が出てできる思春期ニキビには皮脂を取る力が強い洗顔料や、アクネ菌の繁殖を防ぐタイプのニキビ専用洗顔料が効果的ですが、これを大人ニキビに使ってしまうと必要以上に皮脂を奪ってしまうため余計に乾燥し、さらに皮脂を分泌させてしまう原因となります。

逆に乾燥肌や敏感肌用の肌に優しい洗顔料を使うと、大人ニキビに悩んでいる人には肌に負担をかけず汚れや皮脂を落とし、肌のバリア機能を正常化させることができるので効果があるのですが、思春期ニキビのできている人にはあまり効果がないどころか保湿成分がニキビを悪化させてしまうこともあります。

また、大人ニキビは詰まった皮脂を取り除くだけでは治らないことが多いです。特に同じ場所に何度もできる大人ニキビは古い角質が残ってしまっているために肌のターンオーバーが遅くなってしまっていてなかなか治らないということも。肌に負担をかけない角質ケア成分が含まれている洗顔料を使うことで肌を優しくピーリングして、肌のターンオーバーを正常化させてあげると効果があります。

このように、ニキビに合わせて洗顔料を選んであげることで、なかなか治らなかったニキビが改善されたという人は多いです。スキンケアは正しくしているのになぜかニキビができてしまう、治らない、という人は洗顔料を見直してみるのもいいでしょう。